子供のワキガの治し方@現実的な3つの方法

子供のワキガの治し方について詳しく調べてみまたところ現実的な方法が3つ見つかったのでサイトにまとめてみました。お子さんのワキガ治療の参考にしてください。
MENU

子供のワキガを治してやりたい・・

このサイトでは子供のワキガの治し方について詳しく書いています。

 

ある日自分の子供がワキガだということに気がついた、できることなら治してやりたい・

 

あなたはそんな思いはありませんか

 

でも子供のワキガを治すとしてもどんな方法がいいのかよくわからないですよね
かといって何もしないままだと学校でいじめられたりするかもしれません

 

という事で今回は、子供のワキガの治し方について調べてみたところ
現実的な方法が3つ見つかったのでご紹介します。

 

それぞれにメリット、デメリットあるのでぜひ参考にしてみてください。

子供のワキガを治す3つの方法

  1. デオドラントクリームを使って対策
  2. 外科手術を受ける
  3. わきがで処方される内服薬を服用する

 

現実的なワキガの治し方は現在のところこの3つとなります。
では一つ一つ、メリット、デメリットとかかる費用について説明します。

 

デオドラントクリームを使って対策

子供のワキガの治し方@現実的な3つの方法
もっともポピュラーなワキガへの対策です。
ニオイの原因となっている細菌を雑菌し、汗を抑えることでニオイが出ないようにします。
デオドラントクリームは各メーカーからいろいろ出ているので種類も豊富にあります。

 

価格もそれほど高くないのでコスパもよくクリームを塗ればニオイも抑えれるので即効性もあります。

 

費用 : 1000円 〜 7000円 (クリームによって金額差があり)

 

メリット
クリームを塗れば1日臭わない
痛みや副作用などはない

 

デメリット
クリーム選びに失敗すると全く効果がでない
クリームを塗るのをやめたらニオイが出てくる

 

 

外科手術を受ける

子供のワキガの治し方@現実的な3つの方法
上記図のようにワキガの元である、アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺を除去する外科手術です。
完全にニオイの元を断つのでその後は長期にわたってワキガに悩む事はなくります。

 

ですが成長期の子供の場合は再発する可能性が成人よりも高いといわれています。

 

費用 : 30万 〜 50万円

 

メリット
元を断つので完治する(100%ではない)

 

デメリット
大きな傷跡が残る
再発する可能性もある。

 

 

内服薬を服用する

子供のワキガの治し方@現実的な3つの方法
汗の分泌を抑える「臭化プロパンテリン」という内服薬を飲んで治療する方法です。
保険が適応されるので安く手に入れることができます。

 

費用 : 2000円 〜 5000円

 

メリット
飲んで1時間ほどで効き目がでてくる
多汗症にはかなり効果が大きい

 

デメリット
医薬品なので副作用が出ることもある
完全にニオイがおさまるわけではない

私のオススメはデオドラントクリームを使う事!

これまで子供のワキガの治し方を3つご紹介してきましたが私がオススメなのはデオドラントクリームを使用する方法です。

最近のデオドラントクリームの技術はかなり進歩していていいワキガ用クリームが沢山あります。

 

朝に1回だけ塗布すればその日1日はニオイを抑えられるといったものが多いので手軽に始められるのがメリットです。

 

費用的にも安くで済みますし効果も一番はっきりと判りやすいのもこのデオドラントクリームのいいところです。

 

外科手術や内服薬の場合は、大きな傷跡が残ったり副作用がでたりするので成長期の子供にはリスクが高すぎるというのもの理由の一つです。

 

 

このページの先頭へ